2017年05月23日

家具道具室内史学会トーク&ディスカッション 6/3

2017シンポ_ロゴ入.jpg
木工家ウィークNAGOYA・2017参加企画
家具道具室内史学会トーク&ディスカッション
-------------------------------------------
6月3日(土)
13:00〜17:00
愛知県芸術文化センター
12FアートスペースEF
参加費:1,000円(家具道具室内史学会会員無料)
-------------------------------------------
かつて海を渡り、遠く海外の工芸、美術、デザインなどに影響を与えた日本の工芸について学び、家具史研究家 小泉和子と木工藝家 須田賢司氏が専門家と参加者とともに日本の木工文化の世界への発信を考えます。

<第1部>トーク「輸出家具・室内装飾品」13:00〜15:10
「近世における漆工品の輸出」
 日高薫(国立歴史民俗博物館)
「寄木細工・柴山細工・横浜柴山漆器の輸出家具」
 金子皓彦(日本輸出工芸研究会会長)
「海を渡った彫刻家具-横浜を中心に」
 門田園子(横浜市立大学ほか非常勤講師)
「仙台箪笥と輸出-地元に残る史料から戦前の動向を探る」
 庄子晃子(東北工業大学名誉教授)
「『並河家文書』にみる『並河七宝』への憧れ」
 武藤夕佳里(京都造形芸術大学日本庭園,歴史遺産研究センター研究員,並河晴之七宝記念館主任学芸員)
「コペンハーゲンに残る日本の金唐紙」
 Anne Aimonsen(修復師・Royyal Danish Academy of Fine Arts講師)

<第2部>ディスカッション「日本の木工文化を世界へ」15:20〜17:00
基調講演:須田賢司(木工藝家)
パネラー:日高薫・金子皓彦・門田園子・庄子晃子・武藤夕佳里・Anne Aimonsen・須田賢司・小泉和子






posted by canna at 12:12| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

同窓会

gisen20170423.jpg
母校を訪ねる。
今日みたいに、木曽駒ケ岳を眺めながらみんなと毎日騒がしく過ごしていたのを思い出す。突っ走り続ける彼らと、こう過去を懐かしんだりこれからのことを話したりするのも、時にはよいもの。
さて、また突っ走りますか。







posted by canna at 15:08| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

『棲』13

sumika13.jpg

『棲』(すみか)13号。
編集長のはるみさんが届けてくださる。
この冊子を手にするたびに、物が物だけで成り立っているわけではないことを知る。今回も、また。






posted by canna at 16:19| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

金継ぎワークショップ 10/8

op-kintugi.jpg
秋の金継ぎのワークショップのご案内。

--------------------------------------------------------
欠けたうつわに金継(きんつ)ぎを施し、新しい命を吹き込みます。
「繕いながら暮らす」canna家具店のテーマのひとつです。

2017年10月8日(日)
15:00〜17:00
参加費:4,000円(材料費含む)
持ち物:欠けた陶磁器、漆器(5mm以下の小さな欠け5ヶ所まで)
    持ち帰り用の箱(金継ぎした部分が当たらない大きさ)
お申込み:下記のいずれかでお申し込みください。
・お電話
・メール(お名前、参加人数、お電話番号を「金継ぎワークショップ申込み」として送信してください。)
お申込みフォーム
--------------------------------------------------------
・漆を使って欠けた部分を埋め、金を上から定着させ仕上げます。和食器、漆器だけでなく洋食器にも合います。
・定員になりましたら、受付を終了させていただきます。
・今回は即席のやり方ですので、大きなかけやヒビ割れ、ガラスはできません。5mm以下の小さな欠けだけです。
・金継ぎ後、硬化するまで半年ほど器を使うことができません。
・かぶれにくい漆を使いますが、まれにかぶれる場合がります。
・開催7日前からキャンセル料が発生する場合があります。
・開始時間になりましたら、スタートいたします。時間に余裕を持ってお出かけください。
・ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。






posted by canna at 10:10| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月13日

椅子張替え

椅子の張替え4脚、お届け。
木部も、汚れを落とし潤いを与えてたびれ感を取り除く。








posted by canna at 16:06| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

晩春

小原屋-のぼり鯉.JPG









posted by canna at 09:48| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

春雨

むくげ2017042.JPG

ながらく続いた春雨のお蔭で、先月植え替えた店先の植物も芽を出し始める。











posted by canna at 08:06| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月05日

茶道具

kdk-201704.JPG
茶道具でも、指物師の仕事に限って見てみる。
陰と陽。
真、行、草。
指物師にのみ通用する「かねわり」。
興味深い。

この方の頭の中を図式化したら、かぶいた名古屋のお茶事情が解明されるかもしれない。普段はテニス、時に燕尾服で社交ダンスを楽しむ指物師。名前が出ずとも、彼の遊び心が名古屋のお茶事に与える影響はあるのだろう。





posted by canna at 10:07| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

木工家ウィークNAGOYA・2017

ポスターwww2017.jpg

木工家ウィークNAGOYA・2017が、6月2日〜4日に開催されます。今年で10年を迎えます。
木工家ウィーク主催のフォーラムでは、木工家の伴奏者でもある、東京国立近代美術館主任研究員の諸山正則さんを招き、木工家の時代をお話しいただきます。後半は、諸山さん、人間国宝木工藝家の須田賢司さん、木工家ウィーク実行委員の井崎正治さん、谷進一郎さん、同じく第一世代の高橋三太郎さんの対談です。

今年、かんな家具店は企画をお休みし、家具道具室内史学会のトーク&ディスカッション「日本の木工文化を世界へ」とフォーラムに係りますので、店は3日間休ませていただきます。






posted by canna at 09:05| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

くるみの座卓

20170322.jpg
くるみの座卓兼ベンチ。隠し蟻組。
8年ほど前に納めさせてもらったものと同じ仕様で2台。






posted by canna at 11:21| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月11日

ダイニングテーブル


板脚の1700ダイニングテーブルお届け。天板は、部分的に杢が入る。








posted by canna at 17:12| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月06日

金継ぎワークショップ 4/9

op-kintugi.jpg
来年の春の金継ぎのワークショップのご案内。

--------------------------------------------------------
欠けたうつわに金継(きんつ)ぎを施し、新しい命を吹き込みます。
「繕いながら暮らす」canna家具店のテーマのひとつです。

2017年4月9日(日)
15:00〜17:00
参加費:4,000円(材料費含む)
持ち物:欠けた陶磁器、漆器(5mm以下の小さな欠け5ヶ所まで)
    持ち帰り用の箱(金継ぎした部分が当たらない大きさ)
お申込み:下記のいずれかでお申し込みください。
・お電話
・メール(お名前、参加人数、お電話番号を「金継ぎワークショップ申込み」として送信してください。)
お申込みフォーム
--------------------------------------------------------
・漆を使って欠けた部分を埋め、金を上から定着させ仕上げます。和食器、漆器だけでなく洋食器にも合います。
・定員になりましたら、受付を終了させていただきます。
・今回は即席のやり方ですので、大きなかけやヒビ割れ、ガラスはできません。5mm以下の小さな欠けだけです。
・金継ぎ後、硬化するまで半年ほど器を使うことができません。
・かぶれにくい漆を使いますが、まれにかぶれる場合がります。
・開催7日前からキャンセル料が発生する場合があります。
・開始時間になりましたら、スタートいたします。時間に余裕を持ってお出かけください。
・ご不明な点は、お気軽にお問い合わせください。






posted by canna at 11:58| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月02日

文化のみち 雛巡り

20170301.jpg
名古屋城から徳川美術館のエリアで、雛巡り。→●
3月5日まで。








posted by canna at 17:52| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

七尾佳洋さんの土鍋

nanao2017-donabe.jpg
七尾佳洋さんより、頼んでおいた土鍋が届く。
うちでもこの冬、フル稼働した土鍋。その一回り小さなもの。





posted by canna at 10:01| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月28日

現場

20170228.JPG
定休日。
東京。








posted by canna at 10:02| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

金継ぎ作業

20170122.JPG









posted by canna at 10:18| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

お針箱

20170120.JPG
見付けが木口。
押し傷直し。反った側板矯正再接着。抽斗組直し、仕込調整。台輪修理。木蝋。








posted by canna at 09:07| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月16日

散歩

20170215-2.JPG
かぶいている。












posted by canna at 08:29| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

 

20170215.JPG








posted by canna at 21:52| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月02日

ニレ

20170125.JPG
ちゃぶ台。








posted by canna at 15:04| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする