2015年08月26日

小椋正幸 漆のうつわ展

ogura20150826.jpg
小椋正幸さんの漆のうつわは、毎日気兼ねなく使える。それは、代々木地師として受け継ぐ木材の見極め、轆轤(ろくろ)と漆の技、暮らしの中で生きるうつわの姿についての考察、小椋さんの仕事は、どれも欠くことがないから。
朝のパン皿、お昼のお弁当箱、お茶の時間の轆轤目盆、夕食の汁椀やお箸、秋のお出かけにお重。
美しくタフな漆のうつわが並ぶ。
------------------------------------------
10月31日(土)〜11月8日(日) 会期中無休
会場:canna家具店
------------------------------------------

オープニング 10月31日(土)16:00〜19:00
○「木地師と漆の話」ギャラリートーク
切り出した木の製材、轆轤、漆塗りなど小椋さんの仕事について、画像を交えながらお話しいただきます。

○「漆盆で楽しむ秋の夜長」
漆のうつわというとお箸を使う和食のイメージ。
でも、この日は、洋酒と合わせたお料理を盛り付けます。
CHIE’S KITCHENの廣瀬ちえさん、神谷美保さん、和の色の日笠真理さん、canna家具店の山本彩子が、それぞれ異国の料理を漆のお盆に盛り付け、F nishiki nagoya藤村高広さんが料理にカクテルを組み合わせます。漆のお盆のいつもと違った使い方で、秋の夜長を楽しみます。
漆のお盆・・・小椋正幸
料理・・・CHIE’S KITCHEN(廣瀬ちえ・神谷美保)・和の色(日笠真理)・canna家具店(山本彩子)
飲み物・・・F nishiki nagoya(藤村高広)
協力・・・MARS WHISKY、木曽路ビール、信州みやだワイン、酒肆蘭燈、TETRACONTA

canna cafe 11月3日(火)11:00〜16:00
年に1日だけのcanna cafe。
小椋さんの漆のお盆で、スペシャルランチ。

漆のお盆:小椋正幸
料理:CHIE'S KITCHEN
協力:くすむら、酒肆蘭燈、扇屋農園、高橋渓流、TETRACONTA











posted by canna at 21:45| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。