2015年04月02日

焼き

20150402.jpg

ウィスキー樽の種類も様々。
長さもや厚みだけでなく内側の処理の仕方も、お酒の種類によって異なるらしい。
強く焼付がしてあるもの、色付け程度だったり、焼付がなかったり・・・

味はわからないが、樽の加工を通してウィスキーの知識は増えてきた。


posted by canna at 12:08| Comment(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。